お知らせ

⭐️2016年度の自己評価の公表をしています。⭐️

⭐️2016年度の自己評価の公表をしています。⭐️

学校法人 北海道ルーテル学園
小樽オリーブ幼稚園
2016年度自己評価公表シート

本幼稚園の保育方針
本園はキリスト教の信仰に立って、神を畏れ、隣人を愛して、思いやりのある子ども、健康な子ども、自主性のある子どもを育てることを目標とする。
園児一人ひとりに対して、神と人とに愛されるものとして、成長し、心豊かな人間性を持つよう育成することを目指す。

1、本年度達成することが必要と思われる評価項目と取り組み
1)本園の特色を生かした保育を実践する
2)園の施設、設備遊具などの安全点検と改善すべきことの確認
3)子育て支援の継続と家族との連携をする
4)これまで為されている地域との交流を継続する
5)園内研修を継続的にする
6)子どもの育ちに有用と考えられることを取り入れる

2、本年取り組むことが必要な評価項目と実施に向けて
1)本園の特色を生かした保育を実践する
a)本園の特色を保護者に伝え、保護者の理解を得つつ子どもの育ちを支える。
b)特色を生かす園内職員研修をする。また保護者の理解を広めるために保護者懇談、参観日などで伝えていく。
2)園の施設、設備遊具などの安全点検と改善すべきことの確認
a) 毎日外の遊具の点検をし、補修の必要を認めた場合には即座に修繕する。遊具による怪我が無いように注意する。雪の事故が無いように必要に応じて対応する。
b)園内の遊具などを点検し、補修の必要を認めた場合には修繕する。必要に応じて取り替える。
3)子育て支援の継続と家族との連携
a)子育て支援として在園児の子育てに関する親の相談を受ける特に子育てに困難を抱えている親がいる場合には相談しつつ対応していく。
b)未就園の子を持つ「親と未就園の子たちの」交流の場を提供し、交流をするために必要と思われるプログラムを実施し、必要に応じてそれらの親の子育てなどについて相談に乗るようにする
4)これまで為されてきた地域との交流を継続する
a) お年寄りが入所している社会福祉施設、あるいは会社などを訪問し、交流のときを持つことを継続的に実施する。施設などからの要請がある場合には可能な範囲でかかわりを持つ。
b)高等学校などで実施している交流事業に協力参加する特に高校から要望がある場合には受け入れる。
c)小学校との話し合いを持ち、幼稚園と小学校の移行を潤滑にするための話し合いと、可能な場合は教諭間、児童生徒間の交流を図ってきているのでこれを毎年継続するようにしていく。
5)園内研修を継続的にする
a) 園の基本方針と特色を何度も確認し、それを保育に生かしていくために毎月一度の園内研修を充実し、教諭も一部担当して互いの研修を深める。また、保護者への理解を広めることについての内容も含めていく。
6)子どもの育ちに有用と考えられることを取り入れる
a) 継続的に「わらべうた」を用いて子どもたちの育ちをはかっているので、更に学びつつ実践していく。

3、学校評価の具体的な取り組みについて
1、-1)本園の基本と特色を保護者に伝えるために、職員で研修、話し合いのときを持つ。保護者の理解を得つつ、保護者と共に子どもの成長を支える。
1、-2)教諭全員で遊具の安全性を確認し、補修などの必要を発見し、対処する。園庭などの遊び場での安全も確保する。
1、-3)毎月一度次の月に実施する内容について協議し、計画を立案する。保護者の相談に乗る。未就園の子どもと保護者の集まりを継続的に行えるよう計画を立て実践する。
1、-4)小学校と連絡を取り、話し合いの時間を取る
小学校と幼稚園で交流の出来ることを探り、可能な交流を実施する。
小学校に園だよりを届ける。小学校のたよりをもらうことで相互の理解を深める
小学校入学時に幼稚園で作成している指導要録をもって小学校担当者との面談をし、園児の就学前の様子を伝える。
面談出来ない各小学校には指導要録を送付する。
個別に伝えることが必要である場合に応じて小学校担当者との面談をする。
1、-5)毎月一度園内研修をする時間を確保し、担当も複数にする
1、-6)「わらべうた」を色々な場面で取り入れ、子どもたちが自然にあそべるように共にあそびながら伝えていく。

4、項目の自己評価
1、-1)
a)本園の基本と特色に対する理解を深め、保護者との懇談、参観日、行事の機会などに可能な限り伝えるようにした。
b)保護者が行事などで来園した機会に園の取り組みや子どもの様子などについて伝えるようにした。
1、-2)
a)定期的に園外の設備、遊具の安全を点検し、不具合を見つけた場合にはただちに修理するなどの対応をした。
b)園内の設備についても定期的に点検し、補修の必要を認めた場合には修繕した。
1、-3)
a)在園児の保護者からの声に耳を傾け、必要に応じて相談に乗るように努めた。子育てに迷いなどがある場合に、必要に応じて相談に乗った。保護者同士で相談し合っているところがある。
b)子育て支援としての園解放事業を継続した。参加している保護者が相談したい場合には担当者に相談に乗っていた。

1、-4)
a)老人健康保険施設訪問交流、桜学園との連携などを通して地域との交流を今年は実施しなかった。
b)小樽工業高校及び小樽商業高校のインターンシップを受け入れ、高校生との交流のときを持った。
c)入船小学校、最上小学校、奥沢小学校とたよりの交換を実施した。
d)小学校の1,2年生の担任を含めて話し合いのときを持った。
e)小学校の学芸会に招待してもらい、年長が見に行った。
小学校の2年生の生活科事業の中に招待してもらい、年長が参加し、園児も一緒にゲームをして遊んだ。
1、-5)
a)園内研修はキリスト教保育誌からの学びを中心に、実際の保育の様子を振り返りつつ研修を重ねることができた。
当園の基本と特徴を保育の中で実践した。
当園の基本と特徴を理解し、保育にいかしてきた。
1、-6)
a)子どもの育ちに有用と考えられることの一つとして「わらべうた」を学びそれを保育の中に取り入れ、子どもたちが自然に遊ぶ姿が見られた。講習は2回実施した。

5、今後の課題
1、-1)
園の基本理念などは保護者に理解されているものと思われる。
基本を継続的に伝えていく。
園の取りくみ、特徴について伝えるとともに保護者にも取り組んでもらえるように関わる必要がある。
積極的に協力してくださる保護者に支えられている。
働いている保護者にも伝えていく。
園から伝えていると思っていることがどのように伝わっているかを確認していくことも課題と考えられる。
1、-2)ベランダの戸なども確認する。雪が積もったときの木のすべり台に出来る隙間に板を立てて穴が出来ないようにする。
1、-3)子育て支援については今後も必要に応じた対応をする。
子育てに悩んだり迷ったりしている親からの相談をよく聞くようにする。
未就園の子どもを持つ保護者の話しを聞くときを多く持つ必要がある。
1、-4)老健施設の訪問は再開することが望ましい。小学校との連絡を今後も共同で取り組むことが出来るようにする。
a 卒園児の保護者との連携もしていく。特に就学時に園からの情報を小学校にも伝え、連携していく。 園のたより、学校のたよりの交換を継続する。一校だけではなく、他の小学校との話し合いを持ち、連携の可能性を広げる。
b 卒園児の保護者とのつながりも継続していく。
c 小学校入学に向けて橋渡しをスムーズにするための取り組みをする必要がある。
1、-5)毎月一度の研修を継続していく。研修の目標を明確にしていくことも考える。
1、-6)当分「わらべうた」の取り組みを重ねて研修を継続的に受ける。講習を複数回受けることとする。

Return Top